今後のビジネスに生かすことができる資格3選

今後のビジネスに生かすことができる資格3選

今後のビジネスに生かすことができる資格3選
中小企業診断士の資格をとる

中小企業の経営を支援するために必要な知識を習得できる資格です。この資格を持っていることで、コンサルティングの仕事もできるようになります。また、将来的には中小企業診断士として独立開業も可能な国家資格となっています。試験は第1次試験と第2次試験があります。第1次試験は2日かけて行われます。企業経営理論や経営法務など7科目から出題され、一部の科目は他試験合格により免除が受けられます。第2次試験は筆記試験と口述試験があり、第1次試験で問われた基礎知識が実務で生かされるかどうかが問われます。

日商簿記検定で数字が強くなる

会社の帳簿や経営状況を読み取るには、日商簿記検定などの会計に関する資格を持っておくといいでしょう。1~4級までありますが、会社員で初めて取得するには3級から勉強するといいでしょう。経理担当者以外でも取得しておけば、将来的にためになります。1級を取得すると、公認会計士や税理士などの会計に関する国家資格の取得も目指せます。合格基準は各級ともに70点以上、2級からは工業簿記も出題されます。このほかに、財務諸表の読み方などが問われるビジネス会計検定試験もおすすめです。

ビジネス実務法務検定で法令遵守に詳しくなる

ビジネスにおいてはコンプライアンスが必要なものになり、そのためには法律などの決まりごとをよく知っておかなくてはなりません。そのためには、法務に関する資格を持っておけば、今後のビジネスで非常にためになります。法務系の資格なら、まずビジネス実務法務検定を取得すればいいでしょう。3級と2級は比較的簡単に受験できます。2級に合格すれば、1級が受験できます。試験に関しては、取引を行う主体、会社取引の法務、債権の管理と回収などの試験内容があります。

社労士の講座とは、社会保険労務士の資格試験に合格するために役立つ受験ノウハウを教えてくれる講義のことをいいいます。

No comments.