税理士試験の選択科目で迷ったらコレを選べ!

税理士試験の選択科目で迷ったらコレを選べ!

税理士試験の選択科目で迷ったらコレを選べ!
法人税法それとも所得税法?

将来、どのような税理士になりたいかによって、税理士試験で選択すべき受験科目もかわってきます。企業を相手に業務を行っていきたいと考えている場合には、法人税法を選択すべきなのは明らかです。もちろん、所得税法に合格すれば、法人税法の勉強をしなくても税理士になることはできますが、実務についたときに困ってしまうのは目に見えています。企業をクライアントとするからには、ボリュームは多くなりますが、法人税法をしっかりと勉強しておいたほうが賢明です。

消費税法と酒税法ではどっちが得?

消費税法は、大きな改正が定期的にあり、しかも学習すべき範囲が広いので、受験生に避けられがちです。しかし、法人税法とおなじように、営業規模の大きな企業を相手に仕事をするには、消費税の知識も欠かすことはできません。酒税法のほうが、ボリュームが少ないため、学習時間を少なくことはできますが、長い目で考えると消費税を選ぶメリットも大きいと言えます。消費税をよっぽど苦手にしているという場合を除き、チャレンジしてみる価値は十分にあります。

相続税法と国税徴収法

税理士業界では、相続税を専門とする税理士が不足していると言われています。今後、高齢化社会を迎えるにあたって、相続税のスペシャリストへの需要がますます高まることは容易に想像できます。また、従来よりも相続税が課される範囲が拡大されることが検討されており、一部のお金持ちだけでなく、わたしたちの誰もが相続税を広く薄く納めるようになる未来もすぐそこまで来ているのです。税理士試験で、相続税法を選択しておけば、就職にも有利に働きます。

税理士試験を非常に難関で合格率も低い試験となっています。そのため、税理士試験の対策なら、しっかりと学ぶことができる税理士の講座を受けることで合格率もアップします。

No comments.