なるほど!ここがポイント元気な会社の社内ルール

なるほど!ここがポイント元気な会社の社内ルール

なるほど!ここがポイント元気な会社の社内ルール
社内ルールはなんのため!最近の会社の問題点

どんな会社も確たる経営を維持するため、営業売り上げや利益向上を目的として社員が仕事をしています。しかし最近はその中で会社はさらに世間から社会的倫理も問われることが多くなり、ただ単に利益を追求しているだけでは顧客から見放されてしまうことが多々あります。例えば顧客の個人情報の秘匿義務や商品の品質管理に関してなどで漏えいや手抜きによる社会倫理に違反した行為で、世間からバッシングを受け会社自体があっという間に消滅してしまうことも珍しくありません。そのために今、企業内に多くの社内ルールを設け、コンプライアンスいわゆる社会的倫理を逸脱しないよう必死に対応に苦慮している会社が多いのではないでしょうか。

社内ルールでやる気をなくしてしまっては本末転倒!

社内ルールに限らず人をあまりにも規則で縛ったり、極端なマニュアル重視で社員一人、一人の個性を抑圧する傾向が最近強くなっているのではないでしょうか。これは仕事において顧客の極端なクレームが多くあったり、その内容も多様化していることで社員一人、一人が対応しきれず顧客対応が非常に難しくなってきていることが一つの原因といえます。まず社内ルールに乗っ取り、可もなく、不可もなく無難に社内で過ごすことを良しとする傾向が強くなってきていて、仕事への情熱ややる気がそがれることが結構多くなってきているのではないでしょうか。

社内ルールの前に社会的モラル!これが一番重要!

もちろん社内ルールで社員のコンプライアンスを維持することも大事ですが、その前に社員一人一人の社会的モラルのありどころが一番重要なのではないでしょうか。社内で組織全体の社会的倫理のあり方を見直し、社員一人一人に浸透させていくためにはもっと必要なことがあります。これからの会社内での労務管理には非常に重要なことです。昨今の仕事のスタイルの多くはパソコンなどの端末でのやり取りが極端に増えてきています。ここで問題となっているのが一方的な情報伝達方法のあり方です。メールでの一方的な連絡で人との感情をもったコミニケーションが極端に不足しているのは間違いありません。社内での部署をこえた別組織との交流や役職を越えた多くの生の意見をもってコミニケーションを広げてことで、閉鎖しがちな考え方を見直すことが見失いがちになる社会的モラルに気が付く第一歩ではないでしょうか。

就業規則とは、職場で働くうえで守るべきルールのことです。規則は会社ごとに作られ、行政官庁に届け出が出されます。

社会保険労務士の就業規則を見つける渋谷の社労士を探す

No comments.