最強の経理マンになるためには資格と実務で勝負

最強の経理マンになるためには資格と実務で勝負

最強の経理マンになるためには資格と実務で勝負
企業の事務職では簿記が必要

現在の転職市場で事務職を募集している企業において、必要な資格として簿記を記載しているところが多いです。企業での事務作業も総務と経理に大きく分けられますが、その経理の部分を早く理解して即戦力として働いてもらうには必要な資格と考えている企業が多いです。企業が募集する事務員が若手であれば簿記3級程度でいいですが、ベテランとなると簿記2級程度が要求されることが多いです。更に簿記1級ともなると給与などの待遇面でも優遇されることが多いです。

学生時代から簿記の勉強をすること

そのような企業が期待している人材面を考えると、高校から商業高校に通っていると一般的には在学中に簿記の資格を取得するところが多いので、卒業して就職する際にも有利に働くことが多いです。また普通の高校に通っている学生も、また大学生の中にも、将来の就職を考えて簿記の専門学校に通って、簿記の資格を取得する人も多いです。特に事務職は求人に対して応募者が多いために、他の人との差別化のために取得する学生も多くなっています。

資格と実務で最強の経理マンになる

しかし実際に企業に入り経理の仕事をするとなると、簿記の資格を持っていても即戦力になるとも限らないです。確かに知識としてはあるものの、実務となると経験を積んでいくことが必要になります。経理部に配属になっている人でも、簿記の資格はないものの実務面が非常に長くて、それが武器になっている人も多くいます。簿記の資格を持ち、かつ実務経験を重ねることで最強な経理マンになることができます。実務を積んでから簿記の資格を取得する人も多くいます。

社会人になっても重宝される資格に簿記がありますが、独学で勉強する以外に簿記の講座を利用する方法があります。分からないところを聞くことが出来るので効率的に学習できます。

No comments.