ファイナンシャルプランナーを加えるとよりよいサービスができる仕事は?

ファイナンシャルプランナーを加えるとよりよいサービスができる仕事は?

ファイナンシャルプランナーを加えるとよりよいサービスができる仕事は?
金融機関の従業員がFPになる

ファイナンシャルプランナーはFPと略されますが、お金の専門家であり、主に個人の顧客をサポートするのが仕事だと言われています。もちろん、FPとして独立して生計を立てている人もいますが、それ以外にもFPの資格が役に立つ場合があります。例えば、金融機関で働く人がFP資格を取得すると、窓口でお客さんの相談に乗る時に質の高いアドバイスができたり、単なる住宅資金相談だけでなくライフプラン全体を見据えた資金設計を作るサポートができるようになるでしょう。

税理士がFP資格を取得する

FPの資格は、それ単独でも機能しますが、例えば税理士の人が追加で取得することでよりよいサービスができるようになるケースもあるようです。税理士もお金の専門家ですが、FPの場合はより広く社会保険や不動産、税金、保険、金融商品といった知識まで必要とされます。そのため、顧客の多岐にわたる要望をワンストップで受け止めて相談に乗ることが可能になるでしょう。税理士に限らず、司法書士や社会保険労務士も、FP資格を追加で取得する人がいるようです。

生命保険募集人がFP資格を持つ

さらにファイナンシャルプランナーの資格は、生命保険募集人、いわゆる保険屋さんも取っておくといい資格だと言われています。保険の相談、特に生命保険の場合は、FP業務の一部であるライフプランニングサポートと切っても切れない関係にあるでしょう。そのため、しっかりと保険の分野で顧客サポートをしたいと思えば、FP資格を取った方がよりよいサービスに繋がりやすくなるはずです。FP資格は、いろいろな職種の中で活きているという特徴があるといえるでしょう。

情報過多な現代で豊かな暮らしを選びとるためには、fpの存在がとても重要です。そうしたfpとしてスキルアップを目指しているのならば、cfp認定者資格の講座を受けてみことをオススメします。

No comments.